マツダ『CX-9』日本販売時期は?仕様は?価格は?ディーゼルモデルはあるのか?




CX-9』マツダが2007年から北米やオーストラリアを中心に海外向けに製造・販売している大型クロスオーバーSUV。3列シートで7人乗り、MPVの実質的な後継車種にあたる。 2015年はフルモデルチェンジが噂される次期『CX-9』です。なんと、日本国内でも販売されるという噂です!

スポンサードリンク

現行『CX-9』

『CX-9』は、2度のマイナーチェンジを行っている。
エンジンは当初、フォード・サイクロンエンジンのマツダ版である3.5LのV型6気筒MZIを搭載、最大出力が263PS。
2008年に3.7Lに置き換えられ、最大出力が273PSにアップ。
2013年にエンジンとトランスミッションのメカニズムに変更はなく、外装(フロント周りとリヤ周り)を大幅に変更した。

マツダ・CX-9 前期型
前期型(2007~2008年??)

マツダ・CX-9 中期型
中期型(2008??~2013年)

マツダ・CX-9 前期型
後期型(2013年~)

販売:2007年~
乗車定員:7人
ボディタイプ:5ドア クロスオーバーSUV
エンジン:3.5L V型6気筒MZI(前期型) / 3.7L V型6気筒MZI(中期型・後期型)
変速機:6速AT
駆動方式:FF / 4WD

次期『CX-9』にはディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)を搭載!?

新型「デミオ」、「CX-5」、そして開発中の「CX-3」にも高性能なディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)が搭載されています。ディーゼル車とガソリン車のスペック比較をすると、最高出力では1.12倍以上、最高トルクでは2倍以上も上回わっています。近年のマツダの新型車はガソリン車ではなくディーゼル仕様車がおすすめになっています。

次期『CX-9』にもディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)の搭載があると考えられます。
現在のマツダのディーゼルエンジンは、大きく分けて2種類が存在しています。新型「デミオ」に搭載の1.5L(SKYACTIV-D 1.5)と「CX-5」「アテンザ」「アテンザワゴン」「アクセラスポーツ」に搭載の2.2L(SKYACTIV-D 2.2)
(「CX-5」に搭載はSH-VPTS、「アテンザ」「アクセラスポーツ」などに搭載はSH-VPTR)

現行『CX-9』のガソリンエンジン3.7L(V型6気筒MZI 最大出力が273PS)を上回るディーゼルエンジンは現在は存在していません。4.0Lクラスのディーゼルエンジンを開発するのだろうか・・・。

もしかしたら、次期『CX-9』にも2.2(SKYACTIV-D 2.2)を搭載するのでは? スペックダウンになってしまうが、日本販売を考えれば、このあたりのエンジンスペックが適当なのかもしれません。同時にボディ軽量化を図ってくるのではとの考えもありそうです。


日本仕様の新型『CX-9』の価格設定は?

2014年北米仕様の『CX-9』の価格は29,985US$(≒314万円)~となっています。エンジンスペックを下げてくるのであれば、日本仕様の新型『CX-9』は300万円をきるのではないだろうか・・・ ちなみに「CX-5」は213.84万円~、ディーゼルエンジン仕様は267.84万円~の価格設定です。ディーゼルエンジン搭載の『CX-9』ならば350万円くらいの価格設定になると予測出来ますね


2015年はマツダSUVがヤバい!

MAZDA CX-5
MAZDA CX-5 2014

国内では現在、中型SUV「CX-5」の販売のみだが、小型SUV「CX-3」の登場予定、大型SUV『CX-9』の国内販売も噂される。2015年はマツダのSUVブーム到来になるかも!




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ