マツダ『CX-3』仕様&価格は?「ナチュラル・サウンド・スムーザー」でポテンシャル高し!2015年2月27日発売




発売が迫るマツダ『CX-3』。「デミオ」をベースにしたSUV「CX-5」の弟分というイメージではあるが、エンジンのピストンピンに「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を内臓させてトルク向上、「デミオ」よりも「ファントゥドライブ(FUN TO DRIVE)」でポテンシャルが高いようです。

マツダ-CX-3

マツダのオフィシャルサイトにも、『CX-3』は今春発売予定と発表されています。『CX-3』は2015年2月27日発売予定のようです。

スポンサードリンク

仕様

車種

「XD」「XDツーリング」「XCツーリングLパッケージ」の3クレード。駆動方式は2WD(FF)とAWD、トランスミッションは6速MTと6速EC-AT。これの組み合わせからなる12車種です。

寸法 単位:mm

外観寸法:4275 x 1765 x 1550
室内寸法:1810 x 1435 x 1210
全長x全幅x全高

ホイルベース:2570
乗車人数:5名

全車1.5Lディーゼルターボエンジンを搭載

『CX-3』はSKYACTIVE-D 1.5のディーゼルエンジン搭載車だけ。エンジンのピストンピン内部に「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を内臓することにより、デミオ搭載エンジンよりも性能向上しています。
最高出力:105ps(77kW)/4000rpm
最大トルク:27.5kgf・m(270N・m) /1600-2500rpm

燃費(JC08モード):21.0(4WD 6AT) ~ 25.0(2WD 6MT)[km/L]
(i-ELOOP搭載車は+0.2km/L 燃費向上)

i-ELOOP(アイ・イーループ)

「i-ELOOP(アイ・イーループ)はマツダが開発した減速エネルギー回生システムです。 モーターやオルタネーター(発電機)を用いて、減速時のクルマの運動エネルギーを電気エネルギーとして回収し再利用する低燃費技術です。

ナチュラル・サウンド・スムーザー

新たにエンジンのピストンピン内部に「ナチュラル・サウンド・スムーザー」というダイナミックダンパーを内蔵しています。

ナチュラルサウンドスムーザー-マツダ-CX-3

これにより、ディーゼル特有のノック音を抑制、ガソリン車並みの静粛性を実現させています。また最大トルクが、デミオ搭載エンジンよりもkgf・m(20N・m)増えています。



価格 (予想価格)

XD:240万円
XD ツーリング 260万円
XDツーリング Lパッケージ 280万円
AWDは+20万円程度

走りのSUV『CX-3』

『CX-3』は、SUVですがアウトドアのイメージのセッティングではない。『CX-3』は、デミオよりもマツダがこだわる「ファントゥドライブ(FUN TO DRIVE)」を意識したセッティングに仕上がっているようです。

2015年2月10日にマツダがオフィシャルで公開した『CX-3』の走りの動画です。

・内装幅はデミオよりも10mm狭いが、目線位置は高いので開放感がある。
・ホイールベースは「デミオ」と同寸法ではあるが、トレッド幅は広く、タイヤサイズが大きいので直線安定性に優れている。
・車高が高く、重量のあるSUVだが、コーナリング性能も評価出来るようです。

コーナリング性能を上げるために、サス、スタビライザー、ロアアーム、ブッシュ剛性など各部のセッティングに苦死したようです。エンジンの重量により各部の設定値が異なるので、エンジンが一種類というのもこのへんの理由かもしれません。

昨年末までは、「デミオ」の購入を検討していましたが、『CX-3』発売まで待って良かったなと思います。発売が待ち遠しいですね。

新型『CX-3』 関連記事




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ