『ミライ(MIRAI)』トヨタの水素燃料電池自動車ってどう?究極のエコカーの仕様、価格、しくみを解説!




ミライMIRAI)』、トヨタが先日(2014年11月18日)市販した水素燃料電池自動車です。 2013年秋「東京モーターショー」でトヨタが突如発表された燃料自動車が市販化されたのです。

キャッチは「100年先の未来がやってきた」 だから車名が『ミライ(MIRAI)』なのですね。

ミライ MIRAI トヨタ燃料電池車

今までにも世界のカーメーカーが、燃料電池自動車の市販化を目指したものの、いまだ実現出来きていない! そんな難しいテクノロジーな燃料電池車をトヨタがついに市販化してしまったのです。さすが、世界のトヨタですね。

でもこれって、どうなの? 誰が買うの? 燃料電池自動車のしくみは? 仕様や価格なども気になるので、調査して簡単わかりやすく解説してみます。

スポンサードリンク

燃料電池車は市販化にならなかった

ダイムラー、ゼネラルモーターズ(GM)、フォードが、燃料電池車(FCV)を2010年までに市販する目標で研究開発を続けていましたが、まだ実現していません。 2013年東京モーターショーで燃料電池車を公開したトヨタは、市販化に名乗りでました。これに対して、市販化は無理だという声も多かったようです。

トヨタは、1992年から燃料電池自動車の開発をはじめ、2014年に実を結びました。世界初の量産型ハイブリットカーを発売したのもトヨタです。

話はちょい脱線、1980年代に日産も水素自動車を武蔵工業大学と共同研究していました。我が母校でして、水素燃料のZ32型フェアレディZを良くみかけました。たしか、当時そのZ32のボンネットがぶっ飛んだ事故がありましたね。

『ミライ(MIRAI)』の動画

『ミライ(MIRAI)』に関する記事

トヨタ「MIRAI」が圧倒的にすごい2つの理由 世界初の量産燃料電池車に乗ってみた!
2014年11月20日

トヨタは11月18日、世界初の量産FCVとなる「MIRAI(ミライ)」を12月15日に発売すると発表した。車両本体価格は723万6000円(税込み)だ。

「コストダウン」「小型化」という2つのすごさ
今回、トヨタが発表したミライには2つのすごさがある。1つめは、10年ほど前なら億円単位、安くなってもウン千万円と囁かれてきた燃料電池車の価格を、700万円強までコストダウンをしたこと。2つめは、燃料電池システムを乗用車に積めるサイズまで小型化したことだ。

抜粋の引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/53883


トヨタ『ミライ(MIRAI)』について

燃料はガソリンではなく「水素」です。

燃料電池自動車のしくみ

燃料電池自動車のしくみ
① FCスタックに酸素と水素を供給します。
 酸素は走りながら空気中の酸素を取り込み、70MPaの高圧水素タンクに貯めた水素を供給します。
② 酸素と水素の化学反応により電気を発電、また水が発生します。
③ 電気を駆動用モーターに送電し動力にします。

燃料電池自動車ミライの特徴

・走行中の排出ガスゼロ
・1回あたりの水素充填時間は約3分
・一充填走行距離 約650km
・3層構造の高圧水素タンクで安全対策

驚くほど静かで滑らか、しかもパワフル! トヨタでは「異次元の走り」と言っていますが、大げさではない走りをするのでしょう!

仕様(スペック)

型式:ZBA-JPD10-CEDSS
寸法:全長4890mm × 全幅1815mm × 全高1535mm ホイールベース:2780mm
車両重量:1,850kg (車両総重量:2,070kg)
乗車定員:4名
最高速度:175km/h
駆動方式:前輪駆動方式

FCスタック
型式:FCA110 固体高分子型
最高出力:114kW (155ps)

駆動用モーター
型式:4JM 交流同期電動機
最高出力:113kw(154ps)
最大トルク:335N・m(34.2kgf・m)

ボディーカラー

6色ツートンカラー。イチオシのツートーン ピュアブルーメタリック〈2NV〉は、2015年3月からとなっています。

価格(値段)

723.6万円(消費税込み)

補助金・優遇制度

エコカー減税(自動車重量税+自動車所得税の減税) + 自動車グリーン税制 +CEV補助金
約225.29万円の優遇となります。

水素について

水素はH2、酸素とむすびつくことで発電し、そして水(H2O)を作ります。二酸化炭素(CO2)排出量ゼロで究極のエコエレルギーと言われています。 動画を見ていただければ、手っ取り早く水素を理解出来るかと思います。

燃料の充填は、水素ステーションです。これから増えていく予定。2015年度内には40ヶ所以上の可動が予定されています。ガソリンと違い水素の充填は、水素ステーションのスタッフが充填します。短時間の充填でガソリン車並みの長距離走行が可能です。

ミライ(MIRAI)は今買い時?

お金持ちで新しいもの好きの方であれば買ってもいいいと思いますが、まだ買いではないでしょうね。補助金や優遇制度があってもまだまだ高い価格です。

水素ステーションも少ないので、ガス欠が心配ですよね。自動車内に高圧の水素燃料を積むというところに抵抗があり、私は遠慮したい存在です。

ミライ MIRAI トヨタ水素燃料電池車

でも、試乗してみたいとは思います。「100年先の未来がやってきた」・・・100年先を体感したいのは確かです。乗れば地球の未来が知れるのかな? 『ミライ(MIRAI)』は、究極のエコーエネルギーで実用的な自動車なのかもしれませんが、まだセカンドカーとして持つレベルと考えますね。

それよりも今はマツダのクリーンディーゼルエンジンが気になる存在です。




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ