新型『ムーヴ』(ダイハツ)の高級グレード「カスタムRSハイパーSA」が気になる!仕様(スペック)、価格(値段) 【画像】




ダイハツ新型『ムーヴ』が、2014年12月12日に発売されました。今回「ムーヴ」のモデルチャンジで注目は、上質感や高級感を極めた「カスタム」モデルに『ハイパー』グレードを新設定したところです。

新型ムーヴ カスタム ダイハツ

ただし、新型ムーヴの最上級グレード『カスタムRSハイパーSA』の価格は、179万2800円と軽自動車にしてはかなり高価になっています。でも、気になるグレードですね。

スポンサードリンク

ダイハツ、走行性能と質感に磨きをかけた新型「ムーヴ」、113万4000円から 2014/12/12 13:30

全グレードでエコカー減税の免税対象に。カスタムの新グレード「ハイパー」も登場

ダイハツ工業は12月12日、新型「ムーヴ」を発売した。価格は113万4000円~179万2800円。

 これまで燃費や使い勝手などを重視する傾向にあった軽自動車のオーナーだが、ダイハツでは「走り」や「質感」などを求めるオーナーが多くなっているとのリサーチ結果を得たことから、新型ムーヴでは走りの性能と質感を大幅に高めることが開発目標として掲げられた

 そんた新型ムーヴでは、従来からのムーヴ/ムーヴカスタムに加え、上質感や高級感を極めたという「ハイパー」グレードを新設定。ハイパーのフロントグリルはダーククロームメッキ処理がされていて、フォグランプまわりのLEDイルミネーションと合わせて存在感のあるエクステリアに仕上げた。インテリアでは、ギャラクシーマーブル調のインパネガーニッシュとドアオーナメントパネルを専用装備し、こちらも高級感のある仕上がりとなっている。

引用元:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141212_680011.html


新型ムーヴの仕様(スペック)

新型『ムーヴ』の3つの魅力が上げられています。
・「基本性能の進化
 フォースコントロール。スドライバーがストレスなく運転できる、フラットな乗り心地とスムーズな加速。
・「安全性能の強化
 スマートアシストの搭載。いざ、という時に心強い、前も後ろもしかりアシスト。
・「環境性能の特化」NA車で、JC08モード燃費が31.0km/Lと低燃費。

新型『ムーヴ』のデザインテーマは、AMART SPACE[質・実・剛]。塊感と立体感のあるデザインで、上質感と安心感を表現しています。
また、「ムーヴカスタム」のデザインテーマはFULL CUSTOM[全身・全心・全新]となっています。

仕様(スペック)

全長3395mm x 全幅1475mm x 全高1630mm
ホイールベース:2455mm
車両重量:820 ~ 900 kg

エンジン
・658cc 水冷直列3気筒12バルブDOHC
最高出力:47kw[64ps]/6,400rpm
最大トルク:92N・m[9.4kg・m]/3,200rpm

・658cc 水冷直列3気筒12バルブDOHC インタークーラーターボ
最高出力:38kw[52ps]/6,800rpm
最大トルク:60N・m[6.1kg・m]/5,200rpm

JC08モード燃費:NA-2WD 31.0km/L、4WD 27.6km/L
ターボ-2WD 27.4km/L、4WD 25.6km/L
ターボ車を含む全グレードでエコカー減税の免税(100%減税)対象。

内装(インテリア)

新型『ムーヴ』は、運転するときや使うときの気持ちまで考慮したストレスを感じさせない空間になっています。後席に座るひとりひとりに、荷物をつむときに、常にゆとりある作りです。

新型ムーヴ カスタム ダイハツ 内装
『ムーヴカスタム』の内装

コックピット
メーカオプションで、上質なインテリアを演出するブラックインテリアパックが用意されています。画像は、ノーマル。
新型ムーヴ ダイハツ コックピット
『ムーヴ』のコックピット

新型ムーヴ カスタム ダイハツ コックピット
『ムーヴカスタム』のコックピット

グレード

車種は「ムーヴ」と「ムーヴカスタム」、エンジンは、NA(自然吸気)とターボ、駆動方式は2WDのFFと4WD、「SA」「ハイパー」の装備の組合せで、14種類のバリエーションとなっています。最高グレードは、「カスタムRS“ハイパーSA”」の4WD車となります。

ボディーカラー

新型『ムーヴ』のボディーカラーバリエーションは11種類、そのうちシルバーブルーパールとシルバーグリーンーパールの2色は、上部をホワイトにするツートンカラーが選べます。
「ムーヴカスタム」のカラーは全8色で、そのうち5色は上部をブラックマイカメタリックとのツートンスタイルを選ぶことも出来る。

新型ムーヴ カスタム ダイハツ ツートンカラー

「SA」グレードって何?

スマートアシスト(SMART ASSIST)「スマアシ」という低速域衝突回避支援ブレーキ機能後方誤発進抑制制御機能が付いたグレードのことです。

低速域衝突回避支援ブレーキ機能
渋滞中などに、うっかり前方不注意をしてしまい、先行者との衝突の危険が高まった場合に緊急ブレーキで減速し、衝突を回避したり、被害を軽減するシステムのこと。

後方誤発進抑制制御機能
後方に壁などの障害物を検知している時に、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合、エンジン出力を抑えて急発進を抑制するシステム

「RS」グレードって何?

「ムーヴカスタム」のターボ車は「RS」というグレードになります。 普通の「ムーヴ」のターボ車は「Xターボ」というグレードです。

ハイパー(Hyper)」グレードって何?

「ムーヴカスタム」にあるグレードで、ドアアウターハンドルがメッキ、フロントグリルがLEDイルミネーション付きのダーククロームメッキ、リヤコンビネーションランプがダークメッキアクセント、インパネガーニッシュ&ドアオーナメントパネルがギャラクシーマーブル、ハイパー専用のアルミホイールなどの高級装備仕様となります。

新型ムーブ カスタム RSハイパー ダイハツ

「RS」「ハイパー」「SA」この3つのグレードが含まれたモデルが「カスタムRSハイパーSA」という最高グレードになります。

参考元&出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

価格(値段)

代表的なグレードの価格を提示します。
・「L」グレード (660cc 直列3気筒DOHC 2WD FF) 113.4万円
・「X ターボSA」 (660cc 直列3気筒DOHCターボ 4WD) 149.58万円
・「カスタムXハイパー」 (660cc 直列3気筒DOHC 2WD FF) 147.96万円
・「カスタムRSハイパーSA」 (660cc 直列3気筒DOHCターボ 4WD) 179.28万円


ダイハツ、軽ワゴン「ムーヴ」フルモデルチェンジ 走りと質感に拘り高級感あふれる車に ~179.3万円 ~ネット掲示板(2ch.sc)の反応

「高級もクソもあるかよw 軽は軽でしかねぇだろw」
「軽に高級感を求めるとか貧乏って嫌だな」
「ほんとこれ 軽は軽らしく実用一点張りで簡素な内外装でいいだろうに」
「えらい地味やな、と思ったけど カスタムでメッキギラギラの面構えにするんだろな」
「ムーヴはモデルチェンジの度にダサくなていくなw もうワゴンRの後追い辞めたらええのに」

「強い高級軽ならトーションビーム必須だな」
「カスタムが完全にテンプレグリルだな もうデザイナーなんてお払い箱で良いんじゃね」

ムーヴたけぇよwwww
「220万出せばデミオスカイアクティブディーゼルの内装本革張りフル装備が買えるんだよな。軽に180万近く出して乗る意味がわからない」
「軽自動車に179万出す奴って何者だよ」

「三菱のROARがekワゴンのカスタムエアロとしてモーターショーに出してたやつにそっくりじゃないか」
「Nなんちゃらを意識し過ぎやろ」

ミニエスクァイア

「離れて見るとリトル・エルグランド
 「ワゴンRスティングレー Nワゴン どれも一緒やんけ」

「軽も2極化だよな やっすい軽 生き残れよ」

「リアハッチの横開きとセンターメーターやめたのか そこはとりあえず評価できる」
「軽ってスライドドアじゃなきゃ意味無くね? あのちっちゃいスライドドアがすごく便利なんだが」

「10年ぐらい前のムーヴについてた縦に長いサイドミラーが見やすかった あれも選べるようにしてくれ」

「インパネがせり上がってると女子は嫌がるだろうな」
「センターメーターの方が好きだったな。」

「今回のカラーバリエーションはいいと思う ムーヴだしかなり売れそう」

参考元:http://trendnews.idol-sokuhou.com/ダイハツ-ムーヴ-フルモデルチェン-カスタムrsハイ/




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ