『ランエボ』最新情報、新型『ランエボ』が最終モデルの予約を開始、仕様は国産トップの馬力




三菱自動車は2015年4月10日、「ランエボ」こと「ランサーエボリューション」の最後のモデルとなる特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」の先行予約受付を開始しました。

「ランエボ」最終モデルの予約開始 国産トップの馬力 バブル崩壊後から23年の歴史に幕
産経新聞 4月10日(金)13時3分

特別仕様車は1千台の限定販売で、現行の10代目「X」がベース。エンジンを改良し、最高出力はXの300馬力を超える見込み。排気量2リットルのターボエンジンを搭載する国産車としては、スバルの「WRX STI」(308馬力)を抜き、トップクラスになるという。

ランエボ

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00000533-san-bus_all

仕様(スペック)

現行の10代目「ランエボX」をベースにした特別仕様車。内装外装共に高級感となり、1000台の限定販売。

現時点では性能スペックは公開されていませんが、「ランエボX」のエンジン改良で最高出力300HP超え見込みではあるようだ。市場では350馬力、2.0Lターボエンジン搭載の国産車としてはトップになると予想されている。

価格

1000台の限定販売
429万8400円

発売時期

2015年8月頃を予定
先行予約受付開始:2015年4月10日から

スポンサードリンク

新型『ランエボ』についてネットの声

残念ではあるけど、スポーツカー不遇の時代に23年間も作り続けてくれた姿勢は凄いと思う
WRCでスバルと競い、パリダカで無双していた時代が懐かしい!!最強のラリーカーの一つでした。
最期のランエボ、欲しいけど価格が高い。
もうこういうハイパワー車は出ないでしょうね。なんか今の車はエコカーばかりでつまらないです。
ランエボ、インプレッサ、スープラ、セリカ、スカイラインGT-R、NSX、RX-7etc…想像を膨らませるだけで楽しい日本車がたくさんいた。それなのに今と来たら…(ごく一部の車種を除いて)その時代が羨ましい。
今の車はでかくて高過ぎる。高性能は分かる。だけど、今から15年前、免許取り立てのころ13シルビアにしようか、70スープラは税金が高い、31セドリックは燃費が、、、なんていっても30~40万で色んなことができた。そこからあれこれいじる楽しみとかね。そんなふうにはもうならないんだろうね。
まさにひとつの時代が終わっちゃうんだな。ひと昔前までは結構走ってるの見かけたけど、最近は見ないもんな。
WRCのスバルと三菱の戦いは懐かしい当時エボ6を買おうと思って試乗しスバルのレガシーがHIDのヘッドライトだったので結局そちらにしましたがどちらもいい車だと思います。最近では低燃費のハイブリッドFF車が多く、値段が高くてもこの車が欲しいと心動かされる車が少ないからちょっと悲しいですね。
リコール隠しが痛かったのかな~?ラリーアートは唯一無二のブランドになる可能性あったのに残念。スポーツカーがどんどんなくなるのはほんと寂しい。ワゴンRみたいな車ばっか売れてるみたいだけどこんな箱みたいな車乗りたくない。確かに値段が高いから今の若者は安い軽とかに流れやすいがこのままでは自動車業界自体活性化しない気がする。今の若い奴らはミニバンやら軽に乗ってわくわくするのだろうか?走る楽しみを犠牲にした車に自分はワクワクなんてしないけどな。


お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!

新型『ランエボ・ファイナル』 関連記事


『ランエボ』最新情報、新型『ランエボ』が最終モデルの予約を開始、仕様は国産トップの馬力2015年04月11日
『ランエボ』最新情報、新型『ランエボ』が最終モデルの予約を開始、仕様は国産トップの馬力
新型ランサーエボリューションX(三菱自動車)が2015年夏に発売、仕様(スペック)、価格(値段)、発売時期は?2015年01月17日
新型ランサーエボリューションX(三菱自動車)が2015年夏に発売、仕様(スペック)、価格(値段)、発売時期は?
三菱「ランエボ」ではなく『RVRエボリューション』で2015年新スポーツカー時代へ太刀打ち!?2014年10月5日
三菱「ランエボ」ではなく『RVRエボリューション』で2015年新スポーツカー時代へ太刀打ち!?
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ