チェンマイ来たらカオソーイ食べよう!カオソーイはチェンマイの名物カレーうどん




タイ・チェンマイへやって来ました。旅行に来ると、現地の名物料理を食べてくなります。チェンマイといえば、「カオソーイ」が名物料理ですね。

カオソーイ-タイ-チェンマイ名物

「カオソーイ」ってどんな食べ物?簡単に言えば、チェンマイのカレーうどんといったところでしょうか。

カオソーイとは

カオソーイ(タイ語: ข้าวซอย ラーオ語: ເຂົ້າສອຍ)

チェンマイやチェンライなどのタイ北部、ルアンパバーンなどのラオス北部にある名物麺料理です。

チェンマイによくあるカオソーイは、ココナッツミルクを加えたタイカレースープで、揚げたきしめんのような卵麺と普通に煮こまれた卵麺が入っています。

炒ったような唐辛子(ナムプリックパオ)と干しエビなどのペースト(カピ)や、酢漬けキャベツ、生玉ねぎ、ライム汁、などがトッピングとして付いてきます。

ココナッツミルクとタイカレーが香ばしいスープはとても魅力的な味で、癖になってしまうと思いますよ。ほとんどの店では、カオソーイは、カレースープを一緒に煮込まれた骨付きの鶏肉が付いています。肉の煮こまれ具合で、この店の旨さを判断するのも良いかと思いますよ。

お店に寄っては、トッピングの唐辛子を入れなくても、カレースープが辛い場合もあります。 しょうがないですね、タイ料理なんですもの。

スポンサードリンク

カオソーイの通な食べ方

カオソーイの通な食べ方は?などと気にする方も多いですが、そんなことは気にする必要はありません。カオソーイは、タイ北部チェンマイのカレーうどんです。かしこまらずに、自由に食べてください。

カオソーイ-タイ-チェンマイ名物

まずは、トッピングもせずに、スープを飲んで味を確かめてください。 それから、上に載っている揚げた硬麺を少々頂き、その後は中には入っている普通の麺も少々食べる。それで、注文したカオソーイが上手いかどうかがわかるでしょう。

トッピングに唐辛子は、好みで入れなくてもいれても、タイ人は辛いの大好きなので、全部入れちゃいますが、それは通ではないと思いますよ。

酢漬けキャベツや生玉ねぎは、カレースープと一緒に食べると旨いので、僕は入れますが、酢漬けキャベツは微妙に甘いので、お新香のように口直しとして、中に入れないで食べるのも良いかと思います。

一緒に入っている骨付き鶏肉は、ラーメンでいうところのチャーシュー的な位置付け。これを食べると、この店のカオソーイに対する熱意が伝わると思いますよ。

僕は、最期にスープを飲む際に、ライムを入れて、味の変化を楽しんでいます。

こんな感じで、あなた流にカオソーイを楽しんでくださいね。

カオソーイの価格 2015.3.18

屋台であれば、35THBくらいから
食堂やお店では40~50THBが相場
70~80THBであれば、外国人向けのお店です。といっても味は保証付きですよ。

チェンマイで初カオソーイは、ドイステープという山にあるミャンマー文化を吸収したタイ寺院の入口の食堂です。写真はそこの50THBカオソーイです。バンコクで食べるカオソーイとは全然違う香ばしい本場に感じました。とくに麺の違いを感じました。コシがあるというか・・・。

チェンマイへ来なくても、バンコクやパタヤでも食べれますよ。チェンマイではお店5軒くらい行きカオソーイを食べました。本場にチェンマイのカオソーイは、味も量もボリューム満点でした。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





タイ, 旅行」の人気記事

このページの先頭へ