『アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)』全世界で大流行、有名人(著名人)も多数参加!Youtubeにも多数動画が掲載されている




『アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)』が全世界で大流行中だ。この『アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)』はアメリカで発祥したソーシャルメディア上で流行している取組でSNS上で友人や知人から指名された人間がバケツに入った氷水をかぶるか筋萎縮性側索硬化症(ALS)の支援団体に寄付するかを選択し、次の“チャレンジャー”を指名する。この取組みに多数の有名人が参加している。

78

『Ice bucket challenge』をYoutubeで検索

『Ice bucket challenge』をYoutubeで検索すると、約 899,000 件の検索結果がでる。最もヒットしている動画がこのビルゲイツの動画だった。

▼Bill Gates ALS Ice Bucket Challenge

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは?

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、amyotrophic lateral sclerosis、略称:ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は確立されていない。MLBのスター選手だったルー・ゲーリッグがこの病気に罹患したことから、別名「ルー・ゲーリッグ病 (Lou Gehrig’s disease) 」とも呼ばれている。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。1年間に人口10万人当たり1~2人程度が発症する。好発年齢は40代から60代で、男性が女性の2倍ほどを占める。

転載:筋萎縮性側索硬化症 – Wikipedia

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)とは?

アイス・バケツ・チャレンジ (Ice Bucket Challenge) あるいはALSアイス・バケツ・チャレンジ (ALS Ice Bucket Challenge) は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をする運動。2014年にアメリカ合衆国で始まり、Facebookなどのソーシャルメディアを通して社会現象化し、他国にも広まっている。参加者の中には各界の著名人や政治家も含まれており、寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献している。

転載:アイス・バケツ・チャレンジ – Wikipedia

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)のルール

•指名を受けたら頭から氷水をかる様子を撮影しfacebookやTwitterに投稿するか、もしくは100ドルをALS患者とその家族を支援するためにALS協会に寄付する、もしくはその両方を行う

•チャレンジを行った人は次にチャレンジする人3名を指名し、その3名は24時間以内に何らかの回答をする

転載:http://credo.asia/2014/08/23/ice_bucket_challenge/

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)に参加した有名(著名)人

孫正義がアイスバケツチャレンジに挑戦!

▼Masayoshi Son accepts ALS Ice Bucket Challenge

香川真司がアイスバケツチャレンジに挑戦!

▼香川真司がアイスバケツチャレンジに挑戦!キングカズを指名 Shinji Kagawa Ice Bucket Challenge

サッカー選手では、あのブラジル代表のネイマールがアイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)でブラジルワールドカップで怪我をさせられたコロンビア代表のスニガ選手を紹介して話題になっている。

香川選手はアイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)でキングカズを指名。カズは岡田元日本代表監督にメッセージで「すべて水に流す」とコメント。

カズ、岡田氏への「すべて水に流す」コメントを猛省

79

J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(47)が22日、横浜市内でのクラブの全体練習終了後、全身の筋力が低下する難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究支援などで始まった慈善運動「アイス・バケツ・チャレンジ」に参加。氷水をかぶった。カズは次の挑戦者3人のうちの1人に、1998年フランスW杯直前で自らを日本代表メンバーから外した岡田武史・元日本代表監督(57)を指名。「すべてを水に流したい」と粋なコメントを残した。

(中略)
そして、次の挑戦者として岡田氏を指名した。岡田氏といえば、98年フランスW杯直前にカズを日本代表メンバーから外し、日本中に衝撃を与えた。W杯は「夢であり目標」と今でも語るカズだが、動画で「すべてを水に流したいと思います」と話した。

転載:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000038-sanspo-socc

秋元康がアイスバケツチャレンジに挑戦!

▼ALSアイスバケツチャレンジ(秋元康) / AKB48[公式]

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)に挑戦した有名人(著名人)

・浜崎あゆみ
・山中伸弥(2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞)
・マーク・ザッカーバーグ(FacebookのCEO)
・クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手、レアル・マドリード所属)
・リッキー・マーティン(歌手)
・レディー・ガガ(歌手)

など多数の有名人や著名人が参加している。Youtubeで

・『アイス・バケツ・チャレンジ 有名人』
・『アイス・バケツ・チャレンジ 著名人』
・『Ice bucket challenge 有名人』
・『Ice bucket challenge 著名人』

などで検索してみると動画が見つかる。

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)が拡散した理由

アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)が一気に世界に拡散している理由はなんだろうと考えてみた。

ブランド力
誰しも知ってるビルゲイツなどにやってもらうことで一気に知名度を向上させた。

拡散力
ソーシャルメディア(フェイスブックやツイッター)を使うことで拡散のスピードを加速させている。また、最低3人紹介するというルールとした事で拡散のスピードを加速させている。

時間的制限
24時間以内に指名しないといけないというルールとしたため、拡散のスピードが上がった。

こんなところがアイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)が一気に世界に拡散した理由だろう。今までは情報発信としてテレビ、新聞、雑誌といった大手メディアが大勢を占めていたが、ソーシャルメディアが現れたことで情報の伝達が『口コミ』に変わった。ソーシャルメディアは時間を選ばない。友達から友達へと瞬間的に広がっていく。アイス・バケツ・チャレンジ(Ice bucket challenge)により情報伝達の変化をあらためて感じた。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「映画☆関連」の人気記事

このページの先頭へ