大金稼ぐ『ユーチューバー(Youtuber)』気になる収入は?




 シードプランニングという会社が、は3月7日に「インターネット動画広告」に関する調査結果を発表したようだ。内容は、動画広告の市場調査である。この結果、2013年の国内のインターネット動画広告市場は132億円で、前年の3倍以上の規模に拡大。2017年には、2013年の5倍に相当する640億円まで成長すると予想している。

405

スポンサードリンク

 
インターネットの発達により変化する広告形態

 このようにインターネット動画広告市場が成長を続けているのは、これまでテレビCMを中心に広告宣伝活動を行ってきた大手企業が、インターネット動画広告にも力を入れるようになってきたため。テレビCMを見てもらえないユーザーに対する宣伝効果が得られるほか、ユーザーが一定時間以上広告を視聴した場合に課金されるという、従来にない料金体系による動画広告の提供が始まったことが大きい

 大手広告会社の中には、インターネット動画広告ビジネスを今後の成長戦略に位置付ける動きもあり、市場規模は予想を上回るペースで拡大する可能性を秘めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000002-sh_mon-bus_all

 インターネットの発達により、従来大手企業が行っていた広告方法が変わってきている。広告の製作者が、企業から個人へと変わっている。従来、大手企業は広告費を大手TV局などの企業に支払っていたが、現在では、Youtube動画を作った個人にその広告費を支払うようになっている。

 つまり、大手TV局の広告収入が減少し、個人の製作者の収入が増加する現象が起きている訳だ。

こうした市場拡大の恩恵を受け、インターネット広告で多くの富を手にする「ユーチューバー」と呼ばれる人も現れた。

 ユーチューバーとは、動画投稿サイト・YouTubeに自分で作成した動画を投稿し、投稿した動画に差し込まれる広告で収益を得ている人たちのこと。ユーザーが広告を見たり、広告バナーをクリックしたりすると、それに応じた広告収入が得られる。1回の広告収入は数円から数百円と小額だが、訪問するユーザーが多い動画の場合、その総額はかなりのものになり、この広告収入だけで生計を立てている人もいる

 例えば、米国で最も人気のあるユーチューバーのベサニー・モタさんの年収は、本人は非公開としているが、月収で4万ドル以上とみられている。日本円で、年収約5,000万円の計算だ。日本ではスカルプDのテレビCMに登場したHIKAKINさんが有名。HIKAKINさんの年収は、3,000万円ともいわれている。

 動画の撮影と投稿のテクニックを習得すれば、誰でもユーチューバーになれる。拡大するインターネット動画広告市場にあわせて、成功者の数も増加していきそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000002-sh_mon-bus_all

ユーチューバー(Youtuber)になれれば収入に困ることがなくなる
 ユーチューバー(Youtuber)の成功は理屈に合っている。単純に動画向け広告費の拡大が起きれば、その割合でユーチューバー(Youtuber)の収入も上がることは容易に想像できる。これからの時代、サラリーマンの副業や、主婦のパート、大学生のアルバイトの代わりに、ユーチューバー(Youtuber)になって動画を作ればいいのである。それも自分の好きな動画を作るだけで収入を得られる時代になったのだ。

ユーチューバー(Youtuber)はお金がなくてもはじめられる副業
 ユーチューバー(Youtuber)になれれば収入に困ることがなくなる。また、ユーチューバー(Youtuber)には簡単になれる。スマホがあればできてしまう。スマホの動画機能を使い動画を作れば高収入を得ることができるのだ。ほとんど資本が掛からない。なのでサラリーマンの副業や、主婦のパート、大学生のアルバイトの代わりに最適だ

インターネットの発達がもたらしたインフラ革命
 インターネットの発達はインフラ革命だ。あらゆるビジネスに変化をもたらしている。電話ひとつ見ても明らかで、SKYPE(スカイプ)やLINE(ライン)などネットがあれば全世界に通話が可能だ。これで分かることは、国際電話の通話料が減り、電話会社の収入が減り。その代わりに、SKYPE(スカイプ)やLINE(ライン)を使用する人が増え、SKYPE(スカイプ)やLINE(ライン)が提供するコンテンツへの支払いと言う形で、SKYPE(スカイプ)やLINE(ライン)を運営する会社の収入が増えている

インフラ革命は富の分配を変える
 先ほどの電話の例でもわかる通り、インフラが変われば富の分配先が変わる。広告の世界もまったく同じことが起きている。広告収入を得ることができる人が、TV局をはじめとする大手企業から、動画を作る個人へ移っている。 これはインターネットが個人からの情報発信を可能にしたためだ。このため、広告費という莫大な富が個人へ支払われる時代になったのだ

ユーチューバー(Youtuber)になって富を得よう!
 世の中には、先行者利益と言う言葉がある。これは『誰よりも早く市場に参入することにより利益を大きく上げられる』という意味の言葉だが、この動画広告ビジネスはまさにそれにあたる。現状、このユーチューバー(Youtuber)はまだ多くない。つまり今参入すれば、『先行者利益』を得られる可能性が高いのだ。本場アメリカでは年収5,000万とも言われている。その実力は既に証明されている。

今なら儲かるYoutube動画ビジネス
超簡単『Youtube動画』ラクラク副収入

 

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「映画☆関連」の人気記事

このページの先頭へ