JR横浜線「205系」26年活躍で引退 「E233系」入替え 「205系」一部がインドネシアに譲渡




JR横浜線で「205系」電車が2014年8月23日に引退しました。JR横浜線で「205系」は26年活躍したそうです。2014年2月16日からJR横浜線に「E233系」電車が営業運転を開始しました。引退後の「205系」の一部はインドネシアの鉄道会社に有償譲渡されるようです。

ラストランを迎える横浜線の205系(JR東日本横浜支社提供)
ラストランを迎える横浜線の205系(JR東日本横浜支社提供)

横浜線「205系」あす引退 26年活躍 2014年8月24日

◆一部車両、インドネシアへ

 JR横浜線で26年近く活躍してきた「205系」が23日、営業運転を終了する。濃淡2色の緑のラインが入ったおなじみの車両で、たくさんの人を運んできた。ラストランは午前8時55分、八王子発大船行きの快速電車。主要8駅では、白い制服を着た駅長が出発の合図を出し、花道を飾る。

 JR東日本横浜支社によると、横浜線で205系の運用が始まったのは1988年9月。最も多い時期には28編成が走っていたが、老朽化し、今年2月から車幅が15センチ広く、定員が1136人から1244人に増えた新型車両「E233系」への入れ替えを進めていた。引退する205系の一部は、インドネシアの鉄道会社に有償譲渡される。

 ラストランを迎える最後の1編成には今月から、1号車に89年まで使用されていた「横浜線」の復刻版ヘッドマークが、8号車にハートに「感謝」と描いたヘッドマークが取り付けられている。

引用元:http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20140822-OYTNT50043.html


JR横浜線 205系 引退 ~ネット掲示板(2ch.sc)の反応

「205系の通勤車両だっけ、座席が上がる車両好きだったよ」
「切り替え早過ぎ いつの間にかE233だらけになってたし」
「子供の頃、根岸線で青い103系ではなく横浜線の205系が来ると新しい電車だ!と嬉しかったのを思い出す」

「横浜線の1978年の73系のさよなら列車に乗ったわ TBSで生中継されたよな、中山駅 」

「一方関西では1両も廃車になってないのであった 」
「関西ってまだ103系が現役なんだっけ?」
 「関西の電車ってなんであんなにボロなの?」
 「103系が現役で走っているくらいだからな」

103系

「おい! 205系引退するなら西によこせ!
 今だに大阪環状線で103系はしってるんだぞ 」

「こうやって電車ポイポイして新車造る金あんのにローカル線維持しない東日本最低だわ西見習え」
「毎日、京浜東北で東神奈川駅を通過するのに、そんな事になっているとは
 全く気付かなかった。てか、E233って入り始めたのってつい最近だろ。
 入れ替えのスピード早過ぎ!」

「E233系とかのノッチ切ってるのに「ミャー」って音出してるのは何なの?
 結構うるさいんだけど 」

E233系とかのEって何?
 Eがついてるのとついてないので何か違うの?」
EはElectricity 電気の意味、今考えたがたぶんあっている
「EastのEじゃないの JR「東」日本の」
「90年代中盤からEast(東日本)のEを形式の頭に付けている気動車も冠している 」

「旧型国電と言えば鶴見線だろ ポンコツの宝庫」
「一方武蔵野線は…」

なんで武蔵野線の扱いは横浜線・南武線以下なの?
「横浜と南武が黒字なのは本数が少なすぎるからだよ
 横浜南武が新車となると武蔵野が際立ってくる 205だしね」
「ハマ線は儲かっているんだぞ。客が多いくせに中古車両走らせ、その上ダイヤがスカスカ」
「営業係数(100円を稼ぐのに要した費用)でいうと、
 横浜線は52.5で全国JRの中で第3位
 これより上は赤羽線(埼京線)と山手線しかない。
 武蔵野線は92.6でずーっと下。」

「この型の車両、埼京線にもまだ少数残ってるだろ。ハマ線の前にこっちを先に片付けろっての。」
「埼京線はすべて新しいのに置き換わった
 その次にJRが置き換えたのが横浜線で、南武線にも新しいのがすでに到着している
 ttp://2nd-train.net/topics/c/726.html

【JR東】E233系8000番台N2編成 試運転
撮影地:尻手駅 撮影日:2014.08.21 撮影者:Blue Happy train

「南武線だけは死守してもらいたい」

「今年度中にE233系8000番台が全編成を置き換え予定 もう2編成が試運転を開始してる

「そういえば先日、房総いったら元京浜東北線の209系がメイン車両になってた
 もちろん外装や 内装改造されてたけど 」

参考元:http://trendnews.idol-sokuhou.com/横浜線-205系-引退/


205系について

205系
205系電車(205けいでんしゃ)は、1985年(昭和60年)に登場した直流通勤形電車。当初は日本国有鉄道(国鉄)により、また国鉄分割民営化後は東日本旅客鉄道(JR東日本)と西日本旅客鉄道(JR西日本)により設計・製造された。


E233系について

E233系0番
1999年度から首都圏に大量投入されたE231系車両を、さらに進化・発展させた車両として開発された。そのため、E231系によって置き換えられなかった通勤型車両の201系や205系、近郊型車両の211系の置き換え用に主に製造されている。製造メーカーは、東急車輛製造(2012年4月より総合車両製作所横浜事業所)、川崎重工業と、JR東日本の自社生産工場である新津車両製作所(2014年4月より総合車両製作所新津事業所)である。

0番台
本系列で初めて製造された0番台は、中央線快速系統(青梅線・五日市線・八高線含む)で使用していた201系の置き換えを目的として開発・製造された車両[3]で、2006年(平成18年)12月26日に営業運転を開始した[4] 。また、青梅線の青梅以西・五日市線・八高線・富士急行線でも2007年3月18日より営業運転を開始した。

1000番台
 京浜東北線・根岸線で使用していた209系の置き換え用として、2007年(平成19年)12月22日から営業運転を開始した。

6000番台
横浜線(横浜線車両が乗り入れる京浜東北・根岸線の一部区間を含む)で使用している205系の置き換え用として、2014年2月16日から営業運転を開始した。

8000番台
南武線で使用している205系、209系0番台・2200番台の置き換え用として2014年10月から2015年秋にかけての投入が予定されている。

引用元:Wikipedia-E233系


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「映画☆関連」の人気記事

このページの先頭へ