美肌とダイエットに最適な『朝食にお米』がいい理由




ダイエット中の人や美肌になりたい人は、朝食に「お米」や「玄米」などの炭水化物を摂取するのがオススメです。

お米-ダイエット

スポンサードリンク

朝食のお米がダイエットにいい理由

“成長ホルモン”の分泌促進につながる

朝食を食べると体温や代謝が上がり、身体の活動スイッチが入るので、美容健康にとって効果的だと言われています。

また、女性が朝食を食べるべき理由は他にもあります。

寝ている間に分泌される成長ホルモンに関係します。成長ホルモンが分泌されることで、傷ついた肌細胞の修復、脂肪の分解と代謝などが行われます。成長ホルモンは美肌づくりやダイエットを効率よく行うのに欠かせません。

お米は適量食べる分には太りにくい食べ物

朝食に炭水化物や乳製品、大豆製品などをしっかり摂取することが成長ホルモンの分泌促進につながります。主食である炭水化物の中でも特におすすめなのは白米や玄米です。

炭水化物=糖質が多くて太るというイメージを持っている人も多いかと思いますが、実はお米には糖質の代謝に必要なビタミンも含まれているので、適量食べる分には太りにくい食べ物なのです。

炭水化物同様、大豆製品も成長ホルモンの分泌促進につながるので、お米と納豆、お味噌汁といった朝食の組み合わせがおすすめです。

引用元:http://www.biranger.jp/archives/140849

朝食はパンよりお米にしよう!

朝食にパンを食べる人も多いですが、パンは消化吸収が早いため、すぐにまた空腹を感じてしまうのが難点。一方、ご飯は腹持ちがよく満腹感も得られやすいので、ダイエット中の人には最適です。

パンやグリーンスムージーの摂り過ぎには気をつけて!

パンの材料として使用されているものには、不飽和脂肪酸である“トランス脂肪酸”を多く含むものもあります。トランス脂肪酸は、摂り過ぎるとホルモンバランスを崩し、子宮筋腫や子宮がんなどのリスクを高めるとも言われています。

普通に食べる分には問題ありませんが、毎朝パンにマーガリンをたっぷり塗って食べ続けたり、菓子パンばかりを極端に食べ続ける偏った食生活には注意したいところです。

また、柑橘系の果物やセロリ、ニンジン、きゅうりなどの野菜に含まれる“ソラレン”という成分は、紫外線を感じやすく、吸収しやすくなるという性質を持っています。グリーンスムージーでこれらの食材を使用するときは、いつも以上に紫外線対策を意識してくださいね。

引用元:http://www.biranger.jp/archives/140849

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「映画☆関連」の人気記事

このページの先頭へ