「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が拡大




 聞きなれない言葉だが、『リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ』という言葉を知っていますか?これは、ふられた腹いせに、交際していた相手のプライベートな画像、写真などをネット上で公開するなどの行為をすることらしい。

416

ふられた腹いせに「リベンジポルノ」被害拡散

ふられた腹いせに、交際していた相手のプライベートな画像、写真などをネット上で公開する「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が広がっている。

 民間団体への相談は、今年3月末までの半年間で172件。前年同期の20倍以上だ。画像をネット上から完全に消し去るのは難しく、自民党は法整備を検討している。

ネットに写真が出ているよ」。関東地方の20歳代の女性は3年前、友人からこう知らされた。心当たりはあった。その半年前、当時の交際相手の求めに応じ、スマートフォンで下着姿の写真を撮影して送っていた。1年半後、無料通話アプリのグループ内で画像が出回っていると聞いた。女性は「今もネット上のどこかに画像が出回っているかも」とため息をつく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140517-00050082-yom-soci

 メディアの発達は、便利さと引き換えに、急速にプライバシーを低下させている。また、情報伝達の早さが一昔前に比べると脅威的なスピードで広がる。このため、良い情報も悪い情報も全てが伝達される。

 いくら振られたからといって、ネット上に相手の写真などを公開するのはいささか情けない。そもそも信頼し合って付き合った相手なのだから…自分さえ良ければいいと考えるのは『子供』なのだろう。そんな奴に恋愛をする資格はないと思う。恋愛はそもそも傷つけ合うことで、学ぶことも多い。やむを得ない理由により『別れ』を選ぶ場合もあるだろう。そんな事を含めて恋愛な訳だ。振られて悲しいと思ったことで人の痛みを知ることもあるだろう。そんな恋愛の後に、リベンジ(復讐(ふくしゅう)とは情けない。

 リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノの対策は難しい。一度ネット上にでた情報を消すことは不可能に近い。付き合っている最中も色々気を使わなければいけないという事になる。ネットの発達により恋愛の方法も少し考えなければいけない時代に入ったのだろう

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ