『iPhone6』ネットに画像流出!?画面が大きく薄い




 噂が絶えないiPhone6。予想では2014年の後半には市場投入されるのではと言われている。このiPhone6の画像がネットに出回っているようだ。

432

「iPhone 6」とされる画像がネットに掲載–画面がより大きく

 Appleが2014年は従来より大きな画面を備えたiPhoneを投入するといううわさが後を絶たない。そしてこの度、複数の画像がオンラインに掲載された。

 Cult of Macによると、AppleのサプライヤーFoxconnから直に入手したものだという「iPhone 6」の画像が先週末、中国のサイトWei Fengに掲載された。画像内には3D風の図が描かれているが、これらは先ごろネットで取り沙汰されたiPhone 6のダミー端末を製造する際に使われた可能性があると、G for Gamesサイトは指摘している。

 ある画像には筐体のサイズが縦5.4インチ(138mm)、横2.6インチ(67mm)と書かれている。一方、現行のiPhoneのラインアップは縦4.87インチ(123.8mm)、横2.3インチ(58.6mm)である。

 直近のうわさでは、次期iPhoneは画面の対角寸法が現行の4インチから4.7~4.8インチになると言われている

 画像から分かるその他の特徴としては、曲線的な角や丸みを帯びたLED、丸い輪郭ではなくなったボリュームコントロールボタンなどが挙げられる。電源ボタンは上部から側面に移動した。

 現段階では、この情報はうわさの域を出ない。しかし、iPhoneは、より大画面の端末との競争が熾烈化しているため、Appleがディスプレイのサイズを上げても不思議ではない

http://japan.cnet.com/news/service/35047759/?ref=yj

 このiPhone6の画像の信憑性については不明だが、画像は3DCADの画像に見える。通常iPhone6のような携帯電話は3DCADで設計する。また、商品発売に先駆けて、広告宣伝のためのPR用にデモ端末(外観だけのモデル)を製作する。この際も、3DCADデータを基に試作する。その途中の過程でこのようなデータが流出したのではと考える。

 このiPhone6の画像では端末自体が大きくなり薄くなっているという印象だ。またディスプレーについても大きくなると予想されている。現状のiPhone端末は、他のAndroid端末に比べ少し画面が小さい。このためiPhone6ではこのディスプレーなどの大きさを見直すことは十分考えられる。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ