タカタのエアーバック問題、米国がタカタにリコール要求




タカタのエアバックのリコール問題で自動車メーカ各社が対応に追われている。また、米国では議会や米道路交通安全局(NHTSA)が自動車メーカではないタカタに全米リコールを実施するよう求めて事についても物議が起きている。

タカタ-リコール

タカタ製エアバッグの欠陥問題で、自動車メーカーが自主的な調査リコール(回収・無償修理)の地域を拡大したり、予防的なリコールに踏み切ったりする動きが目立ち始めた。背後にはタカタの対応が後手に回る中、このままでは“日本車たたき”に発展しかねないとの危機感がある。原因究明に向けたメーカー合同の調査も国内大手の大半が参加する見通しで、業界一丸で信頼回復に動く。

(中略)

米国では議会や米道路交通安全局(NHTSA)がタカタに全米リコールを実施するよう求めている。ただ、自動車メーカーではない部品メーカーにリコールを要求するのは異例。タカタも「自動車メーカーのリコールに協力する」と自らの立場を堅持。全米への拡大にも消極的な姿勢を取ってきた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000012-fsi-bus_all


スポンサードリンク

マツダの対応

マツダは4日(米国時間)、欠陥が見つかった一部のタカタ製エアバッグに関し、米国でのリコール対象地域をこれまでの4州・自治領から12州・自治領に広げると発表した。同社は理由について、「原因は特定できていないが、安全のためリコールに踏み切った」と説明する。

ホンダの対応

ホンダが米国で行ったタカタ製エアバッグのリコールは約685万台に上るが、このうち310万台を調査リコールが占める。3日の米下院公聴会で「顧客が懸念を抱いている」として、全米への拡大を表明したリコールも調査リコール。優先度の高い地域から順に実施していけるなど柔軟性がある。

トヨタの対応

トヨタ自動車は4日、エアバッグが破裂する恐れがあるとして、「カローラ」など約18万台のリコールを国土交通省に届け出た。原因を調査する目的があり、「予防的措置」として実施した。ホンダも5日、予防的措置として国内で約13万5000台のリコールを実施する方針を固めた。

タカタのエアーバック問題に対するネットの声

・消費者に対しては最終製品メーカーが責任を負うはずです。タカタにリコールさせたいのは、メリケンのメーカーが採用していてもイメージダウンを避けたいという思惑でしょうか。

・海外進出の弊害とメーカーが生産増とコストダウンを急がせた弊害だね。そもそも部品コスト下がっているらしいが国産車の価格ってずっと高いままだよね。ぼられているか自動車メーカー社員の給料が高いんだろうな。

・とにかく、しっかりした原因究明や当事者の意向を把握しないで、新聞のトップの見出しにする、こんな場合は、いつも、おかしな方向に事が進む。そして、それを知らんぷりで、こんなことになったと、いうのが本記事である。新聞を見ないのがいい生活、ということになってきたようだ。ねつ造が茶飯事にならないよう、朝日新聞大丈夫かな。

・2009年から2010年にトヨタが叩かれたとき、最終的に、トヨタに問題はなく、運転者に問題があったって結論になった。その間、日本車を敬遠してアメ車にした消費者も多かったはず。そういう政治の駆け引きの可能性あるね。

・しっかりしたものを提供するのは当然ではあるが、無謀なコストダウンを強いた結果でもある気がする。日本の自動車メーカーさん。ちょっと考える時なのでは?あとさ・・・普通に運転してりゃ、使わない部品、ではあるんだよなこれ。

・ん! リコールは自動車メーカーがするものでしょ!タカタは部品供給しているメーカーなんで本来ホンダが対応すべき問題だ

・自動車各社“日本たたき”危機感とあるが今後の自動車各社がタカタのエアバッグを使用していくかどうかの問題いくらリコールで回収交換したとしても安全性については信用がなければならないタカタがメーカーから捨てられる危機感を感じてる信頼回復はすぐには取り戻せない、一度出直して再度ゼロからスタートした方が良いだろうねあとはメディアがどれだけ煽るか判らないがメディア側も、いい加減メーカー叩きをするのはやめたほうがいいよ!

・自動車メーカーが、安全のためにリコールを素早くするのが一般の筋。自動車メーカーが車として保証してるのだから。ただ、タカタは部品メーカーとして対応するのは当然。はっきり自動車メーカーと共同で対応する!って言わないと。

・問題を避けるために、納得はしないけど理論的には問題無いところでリコールするって姿勢がどうなんですかね。そういうところでひたすら自分達の正当性を連呼して認めさせるってスタイルの方がアメリカ人向けぽい印象あるけど。

・なんとなくTPPとセットでの日本車叩きのように思えるのは、私だけだろうか?



お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ