トヨタ・カローラレビンがアメリカン・マッスルカーに!レクサスV8エンジン搭載で400馬力!




北京モーターショーでお披露目、トヨタ・レビンが復活という話題もある中、1975年式の2代目レビンTE37にレクサスのV8エンジンを搭載して70年代のアメリカン・マッスルカーに変身させてしまった!なんと400馬力発生すると言うではないか!

レクサスのV8エンジン搭載!トヨタ 1975年式 カローラ レビンがマッスルに!【動画】
2014.07.31

アメリカンな空気が見事に日本の旧車に見事にマッチ!

1975年式のTE37トヨタ カローラレビンがアメリカでマッスルカー風に生まれ変わりました!

レクサス SCの4リッターV8エンジンにマスタング コブラのブロウアーを装備、T56トランスミッションが組み合わされ、最高出力は400馬力程度を発生するとのこと。

タイヤもそのパワーを受け止めるために大幅にサイズアップされており、より広げられたオーバーフェンダーや相まって独特の雰囲気を醸し出しています。

ドライバーもアメリカン マッスルって感じです(笑)

これぞまさにアメリカの解釈が加わったJDMというやつなのでしょうか?

これはカッコいいです!

引用元:http://www.j-sd.net/toyota-corolla-levin-te-37-v8-tuned/


アメリカン・マッスルカーに変身した2代目カローラレビン(TE37型 1975年)

画像

2代目カローラレビン(TE37型 1975年) マッスルカー V8 400馬力

2代目カローラレビン(TE37型 1975年) マッスルカー V8 400馬力

2代目カローラレビン(TE37型 1975年) マッスルカー V8 400馬力

2代目カローラレビン(TE37型 1975年) マッスルカー V8 400馬力

2代目カローラレビン(TE37型 1975年) マッスルカー V8 400馬力

出典:http://www.j-sd.net/toyota-corolla-levin-te-37-v8-tuned/

動画

スポンサードリンク

トヨタ・カローラレビン、レクサスV8エンジン搭載400馬力FRで登場!! ~ネット掲示板(2ch.sc)の反応

「レビンの面影ないやん」
それもうレビンじゃねえ
 レビンのガワ被ったマスタングじゃん…

マッドマックスだな

「アメ公「チューニング?とりあえずV8載せておけばいいんじゃね?」」
 「いかにもアメリカンって感じでいいね」

「TE-27じゃね?37なんてあったか?」
「このルームミラー懐かしいな 全然見えないんだよな」
「オバフェン変だし艶消しはみっともないしミラー変だし良いとこ無い」
「AE111の後継を早く出せや!」

アメ車でやれ
「86に載せろよ」

「こういう形の車に需要があるの米メーカーは理解してるしマッスルカーとして販売もしてる
 日本車のこういうタイプにも需要があって
 コンシューマーが自作までしてるのにメーカーはガン無視」

今売ってる86の車体でこういうの作れよ

参考元:http://goodboy22ch.blog69.fc2.com/blog-entry-6090.html


2代目カローラレビン TE37型 1974-1975年

1974年4月、レビンとして初めてのフルモデルチェンジ。この時期、カローラレビンはTE37型、スプリンタートレノはTE-47型を名乗ることになる。レビンはトレノとは異なり、2ドアハードトップボディが与えられ、外観的にはトレノとは全くの別物となった。車両重量が約50kg増加し、TE27型のような強いスポーツ性は失われた。

1975年、2T-G / 2T-GR型エンジンが昭和50年排出ガス規制をクリアできずに生産中止されたため、その年の11月にトレノとともに生産中止となり、短命に終わった。販売台数が少ないうえに人気が低く、いわゆる旧車としてレストアされている例はごく稀である。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カローラレビン

画像

2代目カローラレビン TE37

2代目カローラレビン TE37

おまけ:初代カローラレビンTE27型の画像

初代カローラレビンTE27 前期

▲ 初代カローラレビン TE27型 前期

初代カローラレビンTE27 後期

▲ 初代カローラレビン TE27型 後期

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カローラレビン


無駄なカスタムだけど

70年代、80年代のアメ車好きなら理解してもらえるカスタムでしょう。漫画『シャコタンブギ』の末期では、主人公ハジメのZ10ソアラ(MZ11)にGT-RのエンジンRB26DETTを搭載して走りに目覚めていましたね。 これは漫画の世界ですが、こう言う無茶な改造はいつの時代でも夢がありますよね。

エコばかり気にするつまらない時代に、こう言う無茶で無駄なカスタムをする。マニアックな希少価値のあるTE37、2代目カローラレビンを使用しているところもより魅力的です。クルマにかける男の浪漫を感じますね。



お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ