三菱 デリカが【リコール】、D:5 など5車種7万台、ヘッドライトが走行中に消えるおそれ




三菱自動車は2015年4月16日、『デリカ』などのETACS ECUおよびブロワモータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

三菱-デリカ

対象車種

対象となるのは、三菱『デリカD:5』『アウトランダー』『ギャラン』『ランサーエボリューション』『RVR』の5車種で、2009年1月12日から2010年12月1日に製造された7万1053台。

また、交換修理用部品として2009年1月4日から2010年9月21日に出荷されたETACS ECU 978個および、2009年4月1日から2011年3月31日に出荷されたブロワモータ1576個についても、組付車両は特定できないがリコール対象となる。

前照灯や窓ふき器などを制御するETACS ECU内部の電子部品の製造が不適切なため、電子部品の抵抗値が増大することがある。そのため、ETACS ECU内部の電圧が不安定になり、最悪の場合、ETACS ECUの機能が停止して、前照灯が点灯中に消灯したり窓ふき器が作動不良となるおそれがある。

スポンサードリンク

改善措置

三菱-デリカ-リコール

改善措置として、全車両、ETACS ECUを確認し、該当するものは、ETACS ECUを良品に交換する。

不具合の内容

不具合は464件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

ブロワモータについては、製造が不適切なため、モータ内部のシャフトと軸受の芯がずれた状態で組み付けられたものがあり、シャフトと軸受が異常摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、シャフトと軸受が固着し、最悪の場合、ブロワモータが作動停止して、デフロスタが機能せず安全な視野を確保できないおそれがある。

改善措置として、全車両、ブロワモータを確認し、該当するものは、ブロワモータを対策品に交換する。また、パワートランジスタのヒューズ切れが発生している場合には、同時にパワートランジスタも交換する。

不具合は199件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ