新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法!




新車を購入する際に、今乗っている愛車を『ディーラー』で下取りをしてもらう事が多いと思います。これは、お得なんでしょうか?

「ディーラー」の『下取り価格』は安い?

ディーラー

「ディーラー」の『下取り価格』が高いか安いか、正直わからない場合が多いと思います。これは自分の車の『適正な下取り価格』がいくらなのか知らないからです。

「ディーラー」提示の『下取り価格』にはどんな意味があるのだろう?

新車購入時に「ディーラー」が提示してくる『下取り価格』って何を基準に考えられているのでしょう?

疑問

もしあなたが「ディーラー」だったらどの様に考えるでしょう?
私が「ディーラー」の社長だったら、絶対に自分が損をしない価格で『下取り価格』の提示します

多くの場合、「ディーラー」は下取りをした車を「ディーラー」が持つ販売ルートを利用して転売します。下取りした車で利益を得ることが出来るのです。

「ディーラー」が下取りをした車で利益を得られるということは、裏を返せば
『下取り価格』は、愛車を売る私逹にとっては、割安で買われるという事になります。

下取り後、「ディーラー」が車を転売する流れ

「ディーラー」が下取りした車を転売する一般的な流れは、下記の様になります。

【ディーラー】⇒【販売店】⇒消費者(中古車を購入する方)

となります。

「ディーラー」と「販売店」は利益をのせます。その場合、消費者が購入する価格は以下の様になります。

【ディーラーの下取り価格】+【ディーラーの利益】+【販売店の利益】

消費者は、「ディーラー」と「販売店」の利益がのった価格で購入することになります。

消費者へ値引きをすることを考慮していれば、『下取り価格』は、より安価であると想像がつきます。


新車購入時の『下取り価格』を高くするには?

新車購入時の『下取り価格』を高くするためには、自分の車の『下取り適正価格』を知る事が重要です。

悩み

愛車が中古車市場で”◯◯万円で下取りして貰える”と分かれば、あなたは「ディーラー」が提示した相場よりも安い『下取り価格』で、愛車を売る事は絶対にないでしょう。

新車購入時の適正な『下取り価格』を知るには?

ディーラーが下取りした中古車の販売額は、先ほども述べましたが、

【ディーラーの下取り価格】+【ディーラーの利益】+【販売店の利益】

思いつくことは
「ディーラー」に売るより、「中古車販売店」に直接売る方が、ディーラーの利益分『下取り価格』を高く出来きます。

よって、「中古車販売店」に愛車の『下取り価格』を聞くことが最も簡単で確実なことになりますね。そして「ディーラー」が提示した『下取り価格』が高いか、安いか判断することが出来るのです。

スポンサードリンク

見積りサイトで愛車の下取り価格を調査する

最近では、『中古車の下取り価格』はデータベース化されています。

自分の足で「販売店」を回り「見積り」を行うよりもインターネットを使用して一括して行うのが早くて効率的です。

見積りはたくさん取って比較する!

数ヶ所のサイトで、たくさん見積りすることをおすすめします。

中古車の場合、「販売店」により『下取り価格』が違います。 車のような高額な商品は、『下取り価格』が数パーセント変わっただけでも、数万円の差になります。できるだけ多くの「販売店」で見積って比較するのが損をしない方法だと思います。 見積は無料です。

代表的な「中古車」見積りサイト

















「ディーラー」に下取りを依頼する前に、愛車の『下取り価格』を把握しておきます。「ディーラー」の提示した金額と『見積した下取り価格』を比較して、どちらで販売すれば良いのか決めるだけになります。

また「ディーラー」に『見積した下取り価格』を見せて、『下取り価格』の交渉などに使うのが良いでしょう。

まとめ

最後に、愛車を高く売る方法をまとめますと、

・「ディーラー」で下取り依頼前に、愛車の『下取り適正価格』を把握
・「見積り」は出来るだけ多くの「中古車販売店」で行う
・「ディーラー」提示金額と『見積した下取り価格』を比較
・どちらで販売すれば良いのか決定
・『見積した下取り価格』は「ディーラー」との交渉にも使用可能



長年乗ったあなたの愛車ですから、納得出来る価格で売りましょう!




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ