紗倉まな(人気◯◯女優)『トヨタ自動車』とコラボ!ネットで大騒ぎ!トヨタの狙いは「工場萌え」?




紗倉まな(さくらまな)さんが、世界の『トヨタ自動車』とコラボしたことが話題になっています。 紗倉まなさんは、知る人ぞ知る人気の◯◯女優さん。

トヨタと紗倉まなが合体

この職業が良いか悪いかわからないが、あの世界有数企業であるトヨタ自動車がコラボし売上拡大を狙ったことに対しネットで賛否両論が飛び交っているぞ。

「世界のトヨタ」が人気◯◯女優とコラボ 「英断」「快挙!」「第2の飯島愛か」の声
トヨタ自動車が運営するクルマ好きのためのポータルサイト「GAZOO.com」に、人気のア◯ルトビ◯オ女優が登場し、「第2の飯島愛か?」などと、インターネットで話題になっている。

 なにしろ「世界のトヨタ」と、ネガティブなイメージもあるA◯女優の、思いもよらぬ組み合わせ。驚きとともに、賛否両論が飛び交っている。

(中略)

トヨタの「GAZOO.com」に登場したのは、人気◯◯女優の紗倉まなさん(21)。高等専門学校の土木科出身という理系女子で、趣味は工場ウオッチング。アイドル的なルックスで大人気となり・・・。14年初めにはTBS系の深夜ドラマ「闇金ウシジマくん Season2」に出演するなど、◯◯以外の女優業でも活躍。複数のコラムを連載し、絵を描くという多彩な才能の持ち主でもあるようだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00000006-jct-bus_all


スポンサードリンク

トヨタ自動車が紗倉まな(さくらまな)とコラボしたことに対してネットの声

・◯◯女優が良いか悪いかというのは正直言ってどうでもいい問題で、重要な事はこれで売り上げが増えるのか?という事ですね。若い男性を狙ったのでしょうけど、車が売れない理由は若い男性が車を買わないからでは無いです。そこに自動車メーカーがまだ気づいてない事は不思議です。

・まぁどちらにも「試乗したい」という共通項はあるけどね。しかし子供店長にはどう説明するつもりなのだろう?

・どうしたTOYOTA・・・パプリックイメージというものがあるだろうに・・。

・これきっとピンククラウンを言い出した人と同じじゃない?どっちも型破りとか、斬新を売りたいんだろうけどセンスがないんだよんなぁ・・・◯◯女優起用もクラウンをピンクに塗ったのもどうにもイマイチ・・

ピンククラウン

・(個人的には)この子可愛いと思うし男の自分からしたら◯◯女優の起用は「有り」というか
どうでも良いことだけど女性はどうだろうねぇ・・・嫌悪感示す人が多いんじゃ特に年配の人は◯◯女優ってだけでダメだと思う

・確かに知らなかったが、わざわざ起用する必要もない。トヨタの上層部と何かプライベートで親密な付き合いがあるんじゃないかと詮索してしまう。

・トヨタの社員の中にも、お世話になっている人がいるでしょう。

・どうしたいTOYOTA・・・

・他のコメントにもあるけど裏で上層部と「イイ関係」があるのでは・・・と詮索してしまうね。ま、企業の質イメージが落ちたことは確かだよ。

・◯◯にはお世話になってるし、この子もかわいいとは思うけど、どうにも拭えない「なんか違う」感が・・・。


紗倉まな(さくらまな)について

紗倉まな(さくらまな、1993年3月23日 – )は、日本の◯◯女優。高等専門学校の土木科出身で、キャッチコピーは「工場萌えアイドル」。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募した。
2011年11月、『工場萌え美少女 紗倉まな 18歳』でイメージビデオデビュー、グラビアでも活動。

2012年2月9日、『紗倉まな・・・デビューした。
 同年4月16日、DMM.comランキングでは作品別と女優別ランキングで1位となる。。
2013年3月1日発売の『ヤングアニマル嵐』で表紙に抜擢。
SOD大賞2012では、最優秀女優賞、優秀女優賞、他、合計6冠を達成。

2013年6月28日公開の映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』で、川島省吾の妹役まなとして出演。
2014年8月24日、セガのに人気ゲーム「龍が如く」最新作への出演権を獲得。

参考元:Wikipedia –紗倉まな

明石家さんまと噂もあった紗倉まなさん

明石家さんま-紗倉まな

明石家さんまは、2012年7月に『FNS27時間テレビ笑っていいとも!』の「さんま・中居の今夜も眠れない」コーナーにてラブメイト10の第7位に選んだが、2013年10月18日発売の写真誌『フライデー』で密会デートが報じられた。

引用元:紗倉まな – Wikipedia

紗倉まなさんと車

■「Fit」もいいけど、TOYOTAのF1クルーザーのような「イカツイクルマがタイプ」

 そんな紗倉さんが「GAZOO.com」で、「紗倉まなの クルマと私のイイ関係」(2014年9月19日~10月31日、4回連載)を執筆。自身とクルマとの関わりについて語った。

 高専時代から化粧や洋服よりもバイクとクルマに興味があった、というほどのクルマ好き。コラムでは「18歳になって免許を取り、始めに乗った車が、両親も愛用していた青色のFitでした。燃費もいいし、運転もしやすい快適な車でしたが、それでも私の中ではちょっとした不満が……。というのも、私が好きなのはごつごつした『四駆車』なのです」と明かし、「たとえばディフェンダー、CR-V、TOYOTAのFJクルーザーのような、華奢でポップなクルマとは縁遠い『イカツイクルマ』がタイプ」とも書いている。

 「ひとりドライブのすゝめ」や「理想のドライブデート」などの内容は、彼女のファンならずとも若者の心をくすぐる。

 

なぜトヨタ自動車は紗倉まな(さくらまな)さんを起用したか?

紗倉さんの起用について、トヨタは「紗倉さんはいわゆる理系女子で、クルマ好き、ドライブ好きで知られ、その点がクルマ好きが集まるGAZOOにマッチしています。また、執筆活動やテレビ番組への出演などタレントとしての活動も幅広く、そういったバックグラウンドのある方ですから、クルマファンとしてトライアルでコラムの執筆をお願いしました」と説明する。

 ◯◯女優であることは気にならなかったのか、聞くと「クルマ好きのタレントとして選んだので、特定の職業にとらわれることはありませんし、とくに気になりませんでした」と話す。

とはいえ、世間体を気にしてイメージづくりには神経をすり減らしている上場企業が、ネガティブなイメージがある◯◯女優を起用したケースは異例だろう。


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ