南野陽子さんを襲った病気『骨腫瘍』はどのくらい危険な病気なの?




 女優で歌手の南野陽子さん(46)が左手指の手術を受けていた事を自身のフェイスブックで公表していた。

559

南野陽子 骨腫瘍切除&骨移植手術告白

女優・南野陽子(46)が左手の指の骨腫瘍切除手術を受けていたことを20日、自身のフェイスブック(FB)で公表した。左肘からの骨移植手術を行った。腫瘍は悪性ではなかった。かなり前から痛みを感じていたが、仕事のスケジュールの調整などで、この時期の手術となったという。すでに退院している。

 南野の所属事務所は同日、デイリースポーツの取材に、手術を受けたことを認めた。なお、FBでの手術の詳細な報告は、投稿から3時間ほどで削除された。

 南野は20日夜、FBを更新。「実は今週、左手の指の骨腫瘍切除、左肘からの骨移植手術で入院してました。」と告白。「手術は気がついたら終わってましたが、発熱、吐き気、痛みで、ちょっとヘバってました。」と明かした。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/06/21/0007072412.shtml

骨腫瘍とは?

 骨腫瘍(こつしゅよう、英: bone tumor)とは骨組織に発生する腫瘍であり、原発性腫瘍と転移性腫瘍に分けられる。殆どの場合、長管骨の骨幹端に発生する。原発性の場合、組織生検によって悪性か否かを判定する。骨腫瘍は若年者の発症が非常に多いので30歳未満の病的骨折をみたら一応は疑った方がよいと言われている。Wikipedia

 骨腫瘍は良性と悪性に分かれる。良性骨腫瘍は、骨に発生した腫瘍のうち、転移などを生じて生命に悪影響を及ぼすことがないもの。一方、悪性は、10歳代に発症しやすい骨肉腫に代表される原発性骨腫瘍など、膝や股関節、肩などの近くに生じることが多い。また、原発性骨腫瘍の中には、生命に影響を及ぼさない良性のものと、生命に危険を及ぼす悪性のものとがある。発生頻度は良性骨腫瘍が圧倒的に多く、悪性骨腫瘍の発生は少数。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ