「名探偵キャサリン」マッサンのエリー役シャーロット・ケイト・フォックスが美空ひばりの名曲「愛燦々」を披露!




NHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロインのエリー役を演じたアメリカ女優シャーロット・ケイト・フォックス(29)さんが主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル「名探偵キャサリン」が2015年9月5日より放送!シャーロットさんは民放ドラマ初主演となります。

名探偵キャサリン-シャーロット・ケイト・フォックス

作家山村美紗さんの小説『名探偵キャサリン』のドラマ化となり、シャーロット・ケイト・フォックスさんはアメリカ副大統領の1人娘「キャサリン」を演じます。全編ほぼ日本語の演技します。そして、美空ひばりさんの名曲「愛燦々」の歌唱も披露しますよ!

トレーラー動画

スポンサードリンク

ストーリー概要

アメリカ副大統領の娘として父の公務に同行来日したキャサリン・ターナー(シャーロット・ケイト・フォックス)。アメリカでのビジネスに華道を取り入れるという目的のため、父の離日後も一人で日本に滞在することを決めた。

副大統領と懇意の外務大臣・浜口幸夫(里見浩太朗)はキャサリンの日本滞在時のエスコート役として、甥の浜口一郎(谷原章介)をアテンドする。「キャサリンと恋に落ちないこと」を厳命し、まったく乗り気のしない一郎に特殊な任務を言いつけるのであった。

キャサリンが華道に強い興味を抱いたのは、アメリカで出会った小川麻衣子(笛木優子)が開いた個展がきっかけだった。以来、友情を温めてきた麻衣子との再会を楽しみにするキャサリン。

しかし、連絡が取れないまま、麻衣子は殺人事件の犠牲者となってしまう! 友人の死の真相をなんとしても突き止めたいキャサリンは、一郎の力を借りて警察顔負けの名探偵ぶりを発揮。次第に明らかになる事件の裏には、華道界に渦巻く各流派の権力闘争が潜んでいた…。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ