妻夫木聡さん&マイコさんの交際が発覚、マイコさんはハーフの女優・モデル、熱愛発覚は『若者たち2014』の視聴率が不振のせい!?




人気俳優の俳優妻夫木聡(33)さんが女優マイコ(29)と交際していることが分かった。

83

妻夫木&マイコが熱愛!交際2年

俳優妻夫木聡(33)が、女優マイコ(29)と真剣交際をしていることが10日、分かった。ドラマの共演で知り合ってから、交際期間は既に2年。今年だけでも、映画6作品に出演し、現在も連続ドラマに主演と、超多忙ながらも、ひそかに愛を育んでいた。

転載:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140811-1349006.html

マイコさんのプロフィール

85

舞台『ガラスの仮面』コメント映像/マイコ(姫川亜弓役)

マイコさんのプロフィール
生年月日:1985年3月15日(29歳)
出生地:アメリカ合衆国の旗 シアトル
身長:168cm
血液型:A型
職業:女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台・CM
活動期間:2006年~
事務所:ジーアールプロモーション

 10代の頃から芸能界に憧れスカウトやオーディションを受けるもののなかなか実らず、3年間アパレル企業にてアルバイトの販売員として働き、アルバイト仲間の紹介により事務所へ所属。

 2006年に資生堂の企業広告オーディションを受け、CM『新しい私になって篇』でデビューを果たす。

 2008年、映画『山のあなた〜徳市の恋〜』で主演・草彅剛が恋するヒロイン役に抜擢され女優としてデビューを飾ると、翌2009年にかけて数々の話題作に立て続けに出演。2010年にはテレビドラマに進出し、NHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演して香川照之演じる岩崎弥太郎の妻・喜勢役を演じ、“きれいすぎる嫁”として視聴者の注目を集める。黒谷友香・伊東美咲に続くチョーヤ梅酒「さらりとした梅酒」の3代目キャラクターに起用される。

 2011年にはNHK連続テレビ小説『おひさま』に出演し満島ひかりとともに主演・井上真央の親友・相馬真知子役を演じて連続テレビ小説初出演を果たすと、同12月には舞台『8人の女たち』にて初舞台を踏む。

 2014年には舞台『ガラスの仮面』で姫川亜弓役を演じるなど、映画・テレビドラマ・舞台・CMなど多方面で活躍の場を広げている。

転載:Wikipedia

妻夫木聡さん&マイコさんの出会いは?

84

出会いは、2012年夏のフジテレビ系木曜ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」の共演だった。東野氏の11作品を毎週主演を代えて1話完結で放送していた作品で、2人は第6話の「シャレードがいっぱい」に出演。妻夫木は殺されたヒロインの元恋人でカメオ出演程度だったが、マイコは最も重要な真犯人役を熱演していた。収録現場で2人は、意気投合して、すぐに交際に発展。当時、マイコは親しい友人に「大切な人ができたの」と、うれしそうに話していたという。

転載:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140811-1349006.html

妻夫木聡さんの過去の恋愛

妻夫木は、17歳でデビューして、芸歴16年。すぐにスター街道を歩み、20代では女優優香(34)柴咲コウ(33)との交際が、大きな話題になっていた。ただ、08年に柴咲との破局が判明してからは、約6年以上も恋のうわさはなかった。

転載:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140811-1349006.html

妻夫木聡さんマイコさんの熱愛報道なぜ今発表か?

現在妻夫木聡さんは、フジテレビ連続ドラマ「若者たち2014」で主演しているが、この「若者たち2014」の視聴率が悪い。この「若者たち2014」の視聴率を稼ぐために、今回の熱愛報道があったとも言われている。

フジテレビ系ドラマ『若者たち2014』の第4話が30日放送され、平均視聴率が7.3%だったことが明らかとなった。先週は数字を維持して踏みとどまっていたが、今回は再び数字を落とすこととなった。
転載:http://newclassic.jp/17953

86

妻夫木は現在、フジテレビ連続ドラマ「若者たち2014」で主演しており、公開されたばかりのアニメ映画「STAND BY MEドラえもん」では、青年時代ののび太の声優を担当。9月には映画「舞妓はレディ」、12月には主演映画「バンクーバーの朝日」の公開を控える。

転載:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140811-1349006.html

 今やテレビドラマで視聴率を稼ぐことが難しくなったのだろう。インターネットの発達、特にスマホの発達により、『いつでも』『どこでも』『なんでも』見られる時代になった。今後もテレビ業界の不振は続くと思う。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ