平井理央アナ(元フジテレビ)が高視聴率連発の理由




 元フジテレビアナウンサーの平井理央アナが、古巣のフジ以外の局に露出する戦略で高視聴率を連発している。フジテレビの退社から約1年半、平井理央アナが意外なほどにテレビに多数出演している。この理由について調査してみた。

390

今年1月からの平井理央アナウンサーの出演番組
ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ系)の人気コーナー『ゴチになります!』
ルーズヴェルト・ゲーム(TBS系)にも出演(池井戸潤氏原作で高視聴率を期待されるドラマ)

平井理央アナウンサーのプロフィール
本名:蜜谷理央
出身地:東京都
生年月日:1982年11月15日(31歳)
血液型:A型
最終学歴:慶應義塾大学法学部
所属事務所:deJaneiro
職歴
1998年~2000年にアイドル(おはスタ「おはガール」、ピチレモン専属モデル)、女優として活動→
2005年~2012年 (フジテレビアナウンサーとして)
2013年~フリーアナウンサーとして)

平井理央アナ高視聴率の実績

 平井理央アナは単独ゲストの番組に出演すると視聴率が高いらしい。

 4月13日、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に姉妹で出演したときは、13%を叩き出した。いくら前番組で明石家さんまさん司会の『行列のできる法律相談所』が20.1%だったからといって、23時開始でしたから、かなりの高視聴率です。翌週は、さんまさんが『おしゃれイズム 春の1時間スペシャル』(22時開始)のゲストで11.8%。平井さんは、視聴率男のさんまさんに勝ったことになります。

 また、4月4日の『アナザースカイ』(日本テレビ系、23時~)でも10.7%。この番組は、2ケタに乗ること自体が珍しい。事実、翌週、翌々週とも7%でした。しかも、前番組である『金曜ロードショー』の10.6%を上回る数字を残している。このように単独ゲストの番組で視聴率を残しているので、業界中に“数字を持っている”と良い評判が駆け回っているのです」

http://www.news-postseven.com/archives/20120113_80711.html

平井理央アナ高視聴率の理由

 最近では女子アナからフリーに転進して成功するのは難しいといわれている。多くの女子アナが独立後も苦労しているにもかかわらず、なぜ平井理央アナは成功しているのだろうか?

「個人事務所社長である姉のマネジメントがうまい。古巣のフジテレビは(系列事務所で同局出身女子アナを抱える)フォニックス系が重宝されることを見越して、他局に売り込む作戦が成功。平井はフリー転向以降、フジテレビにはほとんど出演していません。普通は所属していた局を中心に出るので、かなり珍しい売り出し方です。フジテレビ以外の局に、女子アナ受け入れ事務所がないのも幸いしています。
 テレビ業界では、“ずっと特定の局しか出ていなかった人が他局に出る”ことは、価値があると思われている。そういう意味でも、起用されているのだと思います」

http://www.news-postseven.com/archives/20120113_80711.html

女子アナ潜在視聴率トップ20

 平井理央アナは潜在し民法キー局と広告代理店がまとめる潜在視聴率ランキングでも上位。

 テレビ局には、「数字(視聴率)の獲れる女子アナ」と「獲れない女子アナ」のリストが存在する。週刊ポストが、複数の民放キー局と広告代理店が共同で極秘に作成した「女性アナウンサー潜在視聴率一覧表」を入手した。

【1位】加藤綾子(26)フジ 7.3%
【2位】生野陽子(27)フジ 7.1%
【3位】平井理央(29)フジ 6.8%
夏目三久(27)フリー 6.8%
【5位】有働由美子(42)NHK 6.7%
【6位】中野美奈子(32)フジ 6.4%
【7位】山崎夕貴(24)フジ 6.3%
【8位】青木裕子(29)TBS 6.1%
【9位】大橋未歩(33)テレ東 5.8%
【10位】鈴木奈穂子(29)NHK 5.6%
【11位】高島彩(32)フリー 5.5%
【12位】皆藤愛子(27)フリー 5.4%
【13位】葉山エレーヌ(29)日テレ 5.2%
田中みな実(25)TBS 5.2%
内田恭子(35)フリー 5.2%
【16位】竹内由恵(25)テレ朝 5.1%
小林悠(26)TBS 5.1%
安藤優子(53)フリー 5.1%
【19位】紺野あさ美(24)テレ東 4.9%
【20位】滝川クリステル(34)フリー 4.8%
※週刊ポスト2012年1月27日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120113_80711.html

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ