神楽坂恵 『冷たい熱帯魚』出演の異色女優に浮上するA〇出演の噂




神楽坂恵(かぐらざか めぐみ)さんという女優さんをご存知ですか? 僕が知ったのは映画『冷たい熱帯魚』です。グラビアアイドル出身で、『冷たい熱帯魚』ではかなり怖いセクシーな役を演じています。 なんと、神楽坂恵さんがA〇出演したと言う噂が!

神楽坂恵

スポンサードリンク

神楽坂恵さんについて

神楽坂 恵(かぐらざか めぐみ)は、日本の女優、元グラビアアイドルである。

プロフィール
生年月日:1981年9月28日 現年齢:32歳 (2014.4現在)
出身地:岡山県 血液型:O型
身長/体重:164 cm / 46 kg
スリーサイズ:105(Iカップ) – 58 – 87 cm
デビュー:2004年

映画(代表作)
・トウキョウ・守護天使 (2007年、増田俊樹監督) – 主演・希 役
・冷たい熱帯魚 (2011年、 園子温監督) – 社本妙子 役
・恋の罪 (2011年、 園子温監督) – 菊池いずみ 役

ドラマ(代表作)
・みんな!エスパーだよ!(2013年4月 – 6月、テレビ東京) 秋山多香子役
・警視庁捜査一課9係 season8 第2話(2013年7月17日、テレビ朝日) 西森飛鳥役

おおさかシネマフェスティバル2012、および第33回ヨコハマ映画祭にて助演女優賞を受賞した。両映画祭ともに受賞作品は、『冷たい熱帯魚』『恋の罪』。
2011年10月23日、出演した映画『冷たい熱帯魚』『恋の罪』を監督した園子温監督と婚約したと報じられた。2011年11月11日入籍。

引用元:神楽坂恵 -Wikipedia


『冷たい熱帯魚』を見てから神楽坂恵さんのファンになってしまいました。美人でグラマーボディ、大胆な露出ぶり。

びっくりしたのは『冷たい熱帯魚』を制作した映画監督園子温氏の奥様だったんですね。

後、アラフォーな美熟女さんと思ったら、まだ32歳だったとは、これまたビックリ!


神楽坂恵さんのA〇騒動の真相とは?

こんな話題を見つけました。
園子温の妻・神楽坂恵のA〇騒動の真相
http://news-wide-version.blog.so-net.ne.jp/2014-04-15-4

神楽坂恵さんを”A●まがいの作品”に出演させた制作会社に、園子温監督が激怒、発売中止を迫った!

神楽坂恵さんをご存知の方ならわかると思いますが、各作品でかなり大胆な〇ードを披露しています。ですから、”A●まがいの作品”、いやA〇に出演したとしても 何得 納得出来ちゃうのでは・・・

女優さんや著名人等芸能人からA●女優になってしまった方も少なくありません。
島田陽子 (女優)
中西里菜 (元AKB48)
小向美奈子 (女優、タレント、グラドル)
西本はるか (お笑いタレント・パイレーツ)
風間ルミ (女子プロレスラー)
つぐみ (女優)
小松千春 (女優、タレント、モデル)
安達有里 (安達祐実の実母、この人は芸能人・・・微妙)

売れなくなった訳ありグラドルさん達の行き着く場所とも言われている場所ですし(笑)
興味あるかたはD◯Mア◯ルトで”芸能人”のキーワードで検索するとわんさか出てきますよ。そんな僕の趣味話はさておき、神楽坂恵さんの話に戻すと

制作事務所は、園子温監督の激怒と作品発売中止の要望に対して、納得がいかない様子。だって、神楽坂恵さんにも所属事務所の社長さんにも了解済なんですから。

この噂が広まったのは園子温監督ファンのツイッターのつぶやきから。ツイッターで園子温監督を検索してみると、園子温監督がA●監督だ的な内容も数多く見かけます。ファンと言っても、ネタの引きが良いように大胆な内容で書いてるんでしょうね。

それだけに、妻・神楽坂恵さんにA●出演が浮上、いや”A●まがい”と言うだけでも、園子温監督は敏感に反応してしまったのではないでしょうか? そんな今回話題になった神楽坂恵さんの”A●まがい作品”の発売が気になりますね。



神楽坂恵さんの夫・園子温氏について

園 子温(その しおん、 1961年12月18日 – )は日本の映画監督、脚本家、詩人、パフォーマー。男性。自主映画出身の映画監督である。

代表映画作品
・俺は園子温だ!(1985年)<ぴあフィルムフェスティバル入選 ・自転車吐息(1990年)ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品、ベルリン映画祭正式招待作品
部屋 THE ROOM(1994年)サンダンス映画祭審査員特別賞受賞
自 殺 サ ー ク ル(2001年)新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数を記録
Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年)
 第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」 (The “Berliner Zeitung” Reader’s Jury Award) を受賞。カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭‘06でも作品賞と主演女優賞(宮崎ますみ)が受賞。
紀子の食卓(2006年)第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞
愛のむきだし(2008年) ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞
地獄でなぜ悪い(2013年)第38回トロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞

引用元:園子温 -Wikipedia

ところで、園子温監督、神楽坂恵さん出演の作品はこんなにあります。
・『冷たい熱帯魚』(2011年) – 社本妙子 役
・『恋の罪』(2011年) – 菊池いずみ 役
・『ヒミズ』ヒミズ (2012年) – 田村圭子 役
・『希望の国』(2012年) – 小野いずみ 役

僕は『冷たい熱帯魚』しか見ていませんが、この機会に全部見てみようと思います。

冷たい熱帯魚』は、園子温監督、脚本によるサスペンス映画。1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語なんですよ。今まで見た映画の中で、最高に後味悪くまた見てみたくなる映画でしたね。 神楽坂恵さんは、貧乏な熱帯魚屋の主人(吹越満さん演じる)の奥さん役です。 物凄い複雑で残酷な人間模様が見られますよ。

神楽坂恵さんの噂が気になって、このサイトへ来られた貴方、この機会に『冷たい熱帯魚』を是非見てくださいな。ちにみにWinkの『淋しい熱帯魚』と間違えないでね(笑)


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ