華原朋美さん「くだらないことで自分を見失うのはもう卒業。私は私です」と竹田氏への決別宣言




先日、竹田恒泰氏が元AKB48畑山亜梨紗さんと交際していたことが4月18日発売の写真週刊誌で発覚しました。 ショックを受けてフィリピンへ旅行中だった歌手の華原朋美さん(39)が26日夜、旅行先のフィリピンから成田空港に帰国しました。

337

華原朋美さんは、空港で待ち受けた報道陣を前に、一瞬、固い表情を見せました。

▼ 報道陣の質門と華原朋美さんの回答

「竹田さんから連絡は?」と質問されると

「ないです」と返答。

「竹田氏を信じていたか?」と聞かれると

「そうですね。信じてた方なので…一度は真剣に考えた方だったので…かなりショックでした」と裏切られた失望感をにじませた。

 報道陣が空港に殺到するのは予想していたのか、メークはしており、黒いワンピースに赤みを帯びた口紅が映える。ロングヘアの毛先は少し巻き髪にしていた。機内持ち込み用の白いバッグのほかに、ルイ・ヴィトンのキャリーバッグを持っていた。写真を見る限りでは『ショック』を受けているようには見えない。エレガントな女性だなぁという印象だった。

華原朋美さんはフィリピンに到着した後の4月20日にはブログで
「あの出来事はいったいなんだったんだろうね(笑)」とあきれたコメント。

21日にはファンからの激励メッセージに感謝し、
「今の私はこんな事では負けませぬ。」と心境を記していた。

 約1週間のフィリピン旅行で、心身ともにリフレッシュできたのか、帰国直前、25日のブログでは「くだらないことで自分を見失うのはもう卒業。私は私です」と竹田氏への決別宣言ともとれる思いをつづっていた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000073-dal-ent

最後の「くだらないことで自分を見失うのはもう卒業。私は私です」というコメントが印象的だった。

過去の恋愛では小室哲哉さんとの恋愛について「人生そのものだった」と語るほど恋愛にのめりこみ、そして小室哲哉さんとの別れによる絶望・孤独を経験し、スターダムから一気に転落した華原朋美さん。再起まで約6年もかかり、やっと復調してきたところにこの竹田恒泰氏との騒動。

この竹田恒泰氏との騒動の経過を見ていると華原朋美さんが強くなった印象を受ける。「くだらないこと」と言ったことがその象徴ではないだろうか。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ