名俳優蟹江敬三さん死去…ガイアの夜明のナレーションももう聞けない…




数々のドラマ、映画に出演した俳優蟹江敬三(かにえ・けいぞう、本名同じ)さんが胃がんのため3月30日、亡くなっていたことが4日分かった。69歳だった。

215

蟹江敬三さん、胃がんで亡くなっていた…

東京都出身の蟹江さんは都立新宿高卒業後の65年に劇団青俳入りし、「あの日たち」で初舞台を踏んだ。66年にTBSドラマ「おかあさん」、67年に映画「あゝ同期の桜」に初出演した。 「熱中時代」「影の軍団」「鬼平犯科帳」など人気作の脇役として、シリアスからコミカルまで幅広い演技でドラマに欠かせない存在だった。「龍馬伝」などNHK大河ドラマに7作出演した。昨年の連続ドラマ小説「あまちゃん」では、主人公の祖父を演じた。

 今年1月から体調不良のためテレビ東京「ガイアの夜明け」のナレーションを休養していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140404-00000129-nksports-ent

◆蟹江敬三(かにえ・けいぞう)本名同じ。1944年(昭19)10月28日、東京都生まれ。都立新宿高時代から演劇に熱中し、卒業後の64年、劇団青俳演劇研究所に入る。65年に劇団員となり「あの日たち」で初舞台。66年にTBS「おかあさん」でドラマ、67年「あゝ同期の桜」で映画にそれぞれ初出演。68年に劇団が解散し、現代人劇場を設立し蜷川幸雄、清水邦夫らとともに活動。72年桜社を旗揚げし、解散後フリーに。ドラマ「熱中時代」「さすらい刑事純情派」「鬼平犯科帳」などに出演。02年からテレビ東京「ガイアの夜明け」のナレーターを務めた。昨年はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主人公・天野アキの祖父の忠兵衛役で出演した。血液型A。妻と1男1女。







NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の共演者能年玲奈も「大好きでした」とコメントを寄せている。

216

能年玲奈「大好きでした」蟹江さん悼む

 能年玲奈(20)が4日深夜、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で共演し、3月30日に胃がんでなくなっていたことが分かった蟹江敬三さん(享年69)の死を悼むメッセージを所属事務所を通じて発表した。蟹江さんは、能年演じる主人公天野アキの祖父忠兵衛を演じた。

 「『あまちゃん』という作品で、ご一緒させていただきました。忠兵衛さんが、大好きです。いつかまた絶対に共演したい、出来るようにもっと頑張らなきゃ、と思っていました。そんな中、あまりに突然の事過ぎて、

『どう受け止めたらいいのか戸惑っています』

蟹江さんの、内に感じるパワーと外に放出するパワーどちらもが心地よくて、忠兵衛さんとのシーンは毎回とても楽しみにしていました。すっごく大好きでした。何て言ったらいいのか、ニュースで初めて知って、ビックリしました。どうしよう、という思いです。悲しいです。本当に、心から、お悔やみ申し上げます」

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140405-1280615.html







「おとり捜査官・北見志穂」シリーズで共演していた女優・松下由樹さんもコメント

217

おとり捜査官・北見志穂」シリーズで共演していた女優・松下由樹は「あまりにも突然の訃報に言葉もありません。長くご一緒させていただいていたドラマの放送前に信じられない思いでいます。俳優として尊敬していました。蟹江さんのことが大好きでした。ご冥福をお祈りいたします。」とコメントを発表した。







ガイアの夜明けの魂のこもったナレーションは好きだった。

ガイアの夜明公式ホームページコメント

番組から、大変悲しいお知らせがあります。長年、ナレーションを担当していただいた蟹江敬三さんが3月30日に亡くなられました 。ガイアの夜明けが始まった2002年から、実に丸12年、番組に魂のこもったナレーションを吹き込んで下さいました。 ホームページでお知らせしていた通り、今年初めから体調を崩されていましたが、亡くなる2週間前まで、気丈に仕事を続けていらっしゃいました。 心より、心より、感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

▼ガイアの夜明け「本格決戦!軽自動車ウォーズ」~なぜホンダは”軽”

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ