ASKA被告、20年以上前からMDMAなど違法薬物使用か!?




覚せい剤使用などの罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA被告(本名・宮崎重明、56)が20年以上前から違法薬物を使用していた事が分かった。

5
当初、ASKA被告は薬物使用は「2〜3年前から」としていたが…
6
実は、ASKA被告は20年以上前からMDMAなど違法薬物使用していた
7

ASKA被告「20年以上前からMDMAなど違法薬物使用」

 覚せい剤使用などの罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA被告(本名・宮崎重明、56)が、「20年以上前から、MDMAなどの違法薬物を使用していた」と話していることが新たにわかった。ASKA被告は、音楽活動のかたわら、長年にわたって薬物を使用していたとみられている。

(中略)

 このころ、ASKA被告は、280万枚以上を売り上げるヒット曲となった「SAY YES」を発表するなど、精力的な音楽活動を行っていた。今後の裁判では、当時の薬物の使用実態についても明かされるのか、注目される。

転載:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00273416.html

▼SAY YES / CHAGE and ASKA

ASKA逮捕でチャゲアスのCD回収 「SAY YES」「YAH YAH YAH」など

 人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことを受けて、「CHAGE and ASKA」やASKAソロ名義のCDやDVDなどが出荷停止となり、回収されることになった。iTunesなどへの音楽配信も停止される。CDの販売権などを持つレコード会社2社は5月19日に発表した。

CD総売上が3140万枚を数え、「チャゲアス」の愛称で親しまれたCHAGE and ASKA。「SAY YES」や「YAH YAH YAH」などの往年のヒット曲とも、ひとまずお別れとなりそうだ。

転載:http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/19/chage-and-aska_n_5354728.html

ASKAが捕まった時のChage『見てられない』

 ASKAが捕まった時のChageの姿を見てられないと話題になっている。

▼ASKAが捕まった時のChage
8

9

MDMAとは?

 メチレンジオキシメタンフェタミンとは、合成麻薬の一種。略称としてMDMA、ほかエクスタシーという通称を持つ。なおエクスタシーは、錠剤型麻薬の通称としても使われる。心理学者のラルフ・メッツナー(英語版)がMDMAに対してエンパソーゲン(empathogen、共感をもたらす)という言葉を作った。後により正確な表現としてエンタクトゲン(entactogen、内面のつながりをもたらす)という呼称が提唱され、精神薬理学の分野で採用されている。

転載:Wikipedia

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





芸能」の人気記事

このページの先頭へ